By | April 17, 2022

一見すると、Windowsレジストリは複雑で扱いにくい獣のように見えますが、少しの知識があれば、PCの所有者はその重要なシステムファイルで何が起こっているのかを解読して理解できます。

Windowsレジストリは階層構造を使用しており、Windowsエクスプローラのユーザーが使い慣れているものと多少似ています。 ユーザーは、Regeditと呼ばれるプログラムを使用してWindowsレジストリにアクセスできます。このユーティリティは、Windowsオペレーティングシステムの不可欠な部分です。

レジストリの構造は5つの主要な部分に分かれており、コンピュータオタクにはハイブとして知られています。 これらのハイブには、ミツバチやハチミツではなく、ハードウェアとソフトウェアの情報、ユーザー設定、ファイルの関連付けなどが含まれています。 Windowsレジストリを構成する5つのハイブは次のとおりです。

* HKEY_CLASSES_ROOT-このハイブは、ファイルの関連付け、ショートカットデータ、OLE情報などを保持します。

* HKEY_CURRENT_USER-このハイブは、ユーザー設定、設定など、現在コンピューターにログオンしているユーザーに関する情報を提供します。

* HKEY_LOCAL_MACHINE-このハイブには、ハードウェアやソフトウェアの設定など、コンピューター自体に固有の情報が含まれています。 このハイブには、システム上のすべてのハードウェアとソフトウェアに関する詳細情報も含まれています。

* HKEY_USERS-このハイブには、PCにログオンしたことのあるすべてのユーザーに関する情報が保存されます。 この情報には、ユーザー設定、設定、およびその他の重要な情報が含まれます。 各ユーザーには、メインユーザーハイブのすぐ下に独自のSIDサブキーがあります。

* HKEY_CURRENT_CONFIG-このハイブには、ハードウェアとソフトウェアの設定など、現在ログオンしている構成に関連する情報が含まれています。

これらのハイブを使用することにより、PCの所有者はファイル構造をドリルダウンして、個々のハードウェアおよびソフトウェアに関連する特定のレジストリキーを見つけることができます。 レジストリを手動で編集することは簡単なことではありません。単一のレジストリキーを誤って削除または変更すると、ソフトウェアプログラム、重要なハードウェア、またはシステム全体のパフォーマンスが低下する可能性があるためです。 1つまたは複数のレジストリキーにわずかな変更を加える前に、常にレジストリをバックアップ場所にエクスポートすることをお勧めします。

幸い、Registry Mechanicは、そのバックアップコピーを作成する簡単な方法を提供します。 ユーザーは、[ファイル]メニューをクリックして、[エクスポート]を選択するだけです。 次に、特定のキーまたはレジストリ全体をバックアップ目的で安全な場所にエクスポートできます。 このバックアップコピーにより、変更によって問題が発生した場合に、ユーザーは以前のレジストリを回復できます。

ユーザーが問題を回避できるもう1つの方法は、レジストリファイルを定期的にスキャンしてクリーンアップすることです。 多くのWindowsレジストリファイルには、アンインストールされたプログラムから残った過剰なレジストリキー、ソフトウェアのインストールとアンインストールの失敗によって作成されたレジストリキーの欠落、予期しないシャットダウン、コンピュータウイルス、その他の問題によって作成されたレジストリキーの破損が含まれています。 レジストリを定期的にスキャンして問題を探し、不要なエントリを削除すると、システムパフォーマンスが向上し、将来の大きな問題を防ぐことができます。