By | April 11, 2022

格納式のベビーゲートは、ハードウェアに取り付けられ、圧力で取り付けられたベビーゲートのユニークな代替品です。 これらのゲートにはすべて共通の目的があります。キッチン、壊れやすい物のある居間、階段などの危険な場所へのアクセスをブロックすることです。 リトラクタブルモデルは、いくつかの点でより用途が広く、他の点ではそれほど用途がありません。

格納式ベビーゲートの違い

あらゆる種類の子供用安全扉は、ドアフレーム、階段の新しい支柱、またはその反対側の壁に取り付けるブラケットのセットを使用します。 ハードウェアに取り付けられたゲートは通常、片側にヒンジが付いているため、大人がリリースラッチを押すか握ると、ゲート全体が開きます。 圧力をかけたモデルでは、フレームの中央に小さなゲートがあるため、ゲートを開いたときにフレームの端が所定の位置に留まります。

引き込み式のゲートは、木、プラスチック、または金属のピケットではなく、ポリエステルメッシュスクリーンを使用します。 ユーザーは、横に取り付けられたブラインドのように、開口部全体に画面を広げてゲートを閉じます。 ブラインドのように、ゲートが開いた位置にあるとき、スクリーンはローラーに引っ込みます。 幅の狭いローラーは取り付けブラケットから取り外すことができるため、使用しないときは狭いスペースに保管するためにコンパクトになります。

クランプマウント付きの格納式モデルは非常に持ち運びが簡単で、部屋から部屋への移動や、他の親の家への訪問中に持ち運ぶのに理想的です。 これらは、アンインストールして再インストールするのが最も簡単なタイプの安全ゲートですが、そのままにしておくと大人のアクセスを容易にするのにも便利です。 画面が描かれると、大人は単にラッチを外して通り抜けてから、再び取り付けることができます。 画面をしばらく開いたままにする必要がある場合は、ローラーに巻き上げることができます。 ほとんどのユニットは手動で巻き上げますが、リリースラッチを押すと自動的に巻き上げられるユニットもあります。

リトラクタブルゲートの制限

格納式のベビーゲートは、硬いバーではなく柔軟なスクリーンを使用しているため、子供がそれらを通り抜けるのを思いとどまらせるのに効果的ですが、侵入に対して無防備ではありません。 画面にぶつかった子供、または画面に落ちた幼児は、転倒する可能性があります。 子供が数フィート落ちることによって深刻な害を及ぼすことはめったにないので、これは平らな床では小さな問題です。 しかし、多くのベビーゲートは階段の上部で使用するために購入されています。 一部の格納式は、階段の最上部に設置するためにJPMA認定を受けていますが、この特定の使用例はお勧めしません。 階段の上から落ちることは、同じ階から落ちたり、同じ階に落ちたりするよりも明らかに危険です。

手巻きローラーを備えた格納式ゲートは、出入り口を歩いた後、大人のユーザーがスクリーンを再び取り付けることができます。 これは本質的にゲート自体の問題ではありませんが、ローラーを巻くという余分な手順により、責任の少ないユーザーが開口部の真ん中に画面をぶら下げたままにしておくと、旅行の危険や子供たちの意図しないアクセスが発生します。 自動巻きローラーが好ましい。 ベビーゲートは、その目的を達成するために、うっかり開いたままにしておく必要があります。