By | February 8, 2022

ネットワークマーケティングの流通方法について知りたいと思っているビジネスオーナーのために、ここに業界のSWOT分析があります。

強み:

何十年もの間、ビジネスオーナーは口コミ広告が最も強力な広告方法の1つであることに気づきました。 ネットワークマーケティングで製品を配布する企業は、ウイルス効果のために指数関数的成長を経験する可能性があります。 日常の人々はあなたの会社のディストリビューターになり、地元の市場に製品を持ち込むことができます。 これは、営業担当者からではなく、知っている信頼できる人からより簡単に製品やサービスを購入するという哲学に基づいています。

特定の割り当てを満たすための給与グリッドが設置されていることが多いため、報酬はパフォーマンスベースです。 この種の給与体系を整備することで、新しいディストリビューターが業績を上げない場合の事業主のリスクが軽減され、新しいディストリビューター/アソシエイトを取得するための経済的負担が最小限に抑えられます。 顧客は、会社を代表する独立したディストリビューターと製品の両方に忠実です。 製品は通常消耗品であり、繰り返し注文が発生するため、四半期ごとに売上を増やすのが一般的です。

弱点:

ビジネスオーナーとして、私たちはネットワークマーケティング業界のSWOT分析の一部として弱点をカバーしたいと思います。 最初の明らかな弱点は、会社の成長がディストリビューターの強さに依存するようになることです。 これは完全に事業主の管理外ではありませんが、影響を与えるのは難しい場合があります。 報酬は、ディストリビューターの主な動機付け要因です。 ディストリビューターの維持は、業界全体で問題となっています。 ディストリビューターは入社しやすいので、退社も簡単です。 この流通モデルは、消耗品である製品またはサービスに最適です。 これにより、理想的には月次サイクルで設定できるリピート注文が作成されます。 30ドルから180ドルの間の製品に最適であり、顧客にとって手頃な価格でありながら、会社にとっても収益性があります。

脅威:

業界のSWOT分析の脅威の部分を見ると、ダウンラインの襲撃はいつでも発生する可能性があります。 ダウンラインは、互いに働き、利益を得るディストリビューターのグループと呼ばれます。 主要な販売代理店が別の会社に参加してチームを連れてくることを決定した場合、売上の一部が失われる可能性があります。 この状況を回避するには、インセンティブと合意を設けることが最善の方法です。

事業主と会社に対するもう1つの脅威は、販売業者が特定のガイドラインに従って現場で自由に宣伝できることです。 これらのガイドラインに常に従うとは限らず、訴訟や名誉毀損の可能性があります。

機会:

新しい市場への拡大は、ネットワークマーケティングのSWOT分析の一部としての機会のリストの一番上にあります。 人々が1つの市場の製品に満足しているので、ディストリビューターは新しい市場に拡大する準備ができています。 これは、コミュニケーションの主流に必要なマーケティング予算が低いために可能になります。これは、製品が販売されたときにのみ支払いを受けるディストリビューターを介したものです。

マーケティング予算は従来の広告手法ほど負担がかからないため、事業主は製品により多くのリソースを割り当てることができ、市場での競争力を高めることができます。 そして、売り上げが伸びるにつれて、ビジネスオーナーが利用するもう1つの機会は、新製品の採用を受け入れることが多い既存の顧客に製品ラインを拡大できることです。

ビジネスオーナーのためのネットワークマーケティングのこのSWOT分析は、決して包括的なものではありませんが、何を期待するかについての出発点を提供します。 業界は急速に進化しており、これまで以上に多くの人々が信頼できる評判の良い企業で構築しようとしています。 所有者と販売業者のためにネットワークマーケティングビジネスを構築するためのさまざまな戦略があります。 有望な見込み客の最大数に到達する際のレバレッジを最適化するテクノロジーを統合することをお勧めします。