By | February 8, 2022

ハードウェアとソフトウェアの両方を使用して、データをコピーおよび転送できます。 どちらにも、独自の長所と短所があります。 それぞれの必要性は、ケースバイケースで異なります。 ディスクデュプリケータは、このような機能に使用されるハードウェアデバイスです。 ディスクデュプリケーターは主に製造に使用されました。 しかし、今日では、学校、組織、企業も同様に多くのコンピューターを必要としています。 コンピューターやテクノロジーを使わずに組織が存在するのは驚くべきことです。

コンピュータは、特定の時点で更新およびアップグレードする必要があります。 テクノロジーは進歩的であり、速く動きます。 したがって、ハードドライブから古いデータをアーカイブし、新しいデータで更新する必要があるのは一般的なプロセスです。

ハードウェア

ディスクデュプリケーターなどのハードウェアデバイスは、単独で使用できます。 ソフトウェアとは異なり、コンピュータにインストールする必要はありません。 ディスクデュプリケーターはかなり使いやすいです。 デバイスを接続して、いくつかのボタンを押すだけです。 その後、ワイプ、ディスクのコピー、または別のディスクへの転送を開始します。

その速度は、2GB /分(ギガバイト/分)から最大18GB /分まで可能です。 一部のディスクデュプリケーターモデルは、Windowsオペレーティングシステムをわずか2分でコピーできます。 この速度は、一度に多くのデバイスを処理している場合でも一定です。 大量の複製やシステムの展開に使用するのに理想的です。

不利な点がある限り、ディスクデュプリケーターの価格は少し高額になる可能性があります。 50米ドル未満から数千ドルまで。 機能と容量によって異なります。 一度に処理できるドライブの数に関する容量。 もう1つの考えられる欠点は、処理しているメディアに物理的に接続する必要があることです。

ソフトウェア

ソフトウェアにはハードウェアと同じ機能があります。 ネットワークを使用して、一部は大量複製プロセスを実行することもできます。 ただし、より技術的な知識が必要です。 プログラムを使用してデータをコピーおよび転送するには、ネットワークとコンピューターについて知ることが必要になります。

単一ドライブの複製の場合、コストは低くなります。 ソフトウェアソリューションのコストは50米ドル未満です。 フリーウェアを使用すると、費用はかかりません。 一度に多くのコンピュータユニットを処理する必要がある場合、ソフトウェアライセンスのコストははるかに高くなる可能性があります。

速度に関しては、ディスクデュプリケーターほど高速にすることはできません。 ネットワークを介して作業すると、速度が制限されます。

それで、ハードウェアまたはソフトウェア?

主な質問に戻ると、それは通常、選択と好みの問題です。 言うまでもなく、状況。 マスシステムの展開はどのくらいの頻度で行われますか? または、どのくらいの頻度でデータをアーカイブする必要がありますか?

それは実際にそれらが使用されなければならない頻度と関係するユニットの数に依存します。 それほど多くのコンピュータユニットではないので、ソフトウェアはより費用効果が高いです。 多くの場合、ハードウェアの方が理想的です。 速度が大きな問題である場合は、ハードウェアを選択する必要があります。 それぞれに長所と短所があります。 特定の組織に最も適しているのは、説明した要因によって異なります。 最も間違いなく、予算。