By | May 2, 2022

クラウドホスティングは、ウェブホスティングの次の大きなものであると考えられています。 クラウドホスティングでは、多数の物理サーバーがWebサイトをホストし、1台のコンピューターハードウェアへの依存を減らします。 このため、Webサイトの所有者には、カスタマイズされた使用法、ユーザーへの無制限のアクセス、より安価な運用コストなど、多くの利点があります。

特徴

このタイプのウェブホスティングでは、ウェブサイトをホストするために多数の個別のサーバーが利用されます。 これらの個々のサーバーは、ネットワーク全体で機能、リソース、および情報を共有します。 ウェブサイトの所有者は、クラウドウェブホスティングサーバーのリソースにアクセスするための端末と、一元化された場所に保存されているさまざまな機能とデータのみを必要とします。

クラウドホスティングモデルには、大企業と中小企業の両方にとって多くの重要な利点があります。 このモデルを理解すると、ハードウェア、ソフトウェア、およびコンピューターのサポートサービスにかかる費用を節約できます。

ハードウェアコストの削減

ハードウェアのコストは、特に多くの自由資本を持たない新しい新興企業にとっては、かなりの額になる可能性があります。 サーバーのインストールコスト。 スイッチとルーターは非常に高くなる可能性がありますが、クラウドホスティングモデルを採用することで、これらのコストを大幅に削減できます。

クラウドホスティングを使用すると、企業は正式なバックアップサーバーの代わりにクラウドを使用することで、必要なサーバーの数を減らすことができます。 それはコストを削減し、将来の拡張のためにより多くのお金を残すことができます。

より良いデータセキュリティ

データのセキュリティは、会社の成功に不可欠です。 データを失うと、しばらくしてビジネスを失う可能性があります。 社内でデータをバックアップすることは良いスタートですが、リスクも伴います。 バックアップサーバーまたはテープを紛失した場合、重要なファイルが障害のあるサーバーと一緒に失われる可能性があります。

クラウドホスティングを使用すると、ファイルはオフサイトの安全な場所にバックアップされます。 ハードウェアがクラッシュした場合は、新しいハードドライブをサーバーに挿入して、バックアップしたファイルを新しいハードウェアにダウンロードし始めることができます。

人件費の削減

コンピュータ分野の労働者は、現代の職場で最も高給の労働者の1人です。 これは、必要なスキルを持っている人にとっては朗報ですが、必ずしもその専門知識を必要とする企業にとっては朗報ではありません。 小規模な新興企業がIT専門家の専任チームを雇ってデータをバックアップし、システムを安全に保つことは困難であり、法外な費用がかかる可能性があります。

クラウドホスティングモデルを使用することで、これらの企業はデータのセキュリティや整合性を犠牲にすることなくコストを節約できます。 クラウドを使用すると、これらの重要なファイルが自動的にバックアップされ、会社の所有者はボタンを押すだけで失われたデータを取り戻すことができます。